通信制高校ナビTOP > 学校からのお知らせ > 不登校 > 鳥取県常勤の教育相談員配置へ

鳥取県常勤の教育相談員配置へ

鳥取県教委高等学校課は、来年4月から、臨床心理士の資格を持つ常勤の教育相談員一人を配置することになりました。いじめや不登校、悩みを抱える生徒の増加に対応するのが目的で県が常勤の教育相談員を配置するのは初めてだそうです。
現在、鳥取県では県立高校24のうち、15校に非常勤のスクールカウンセラーを配置しています。教育相談員は問題を抱える生徒へのカウンセリングのほか、スクールカウンセラーや教員に対する研修の企画を行うなど、生徒側と指導者側の両面からサポートするそうです。
現在低学年でいじめを苦にした自殺が社会問題となっていますが、高校でも不登校は深刻な問題となっています。スクールカウンセラーでも対応が難しく、専門知識を持つ臨床心理士の存在が注目されています。

日時:2006年12月19日 18:04:04

代々木高校が留学コースを開設!

 通信制高校「代々木高校」は、留学の多様化に伴いグローバルパートナーズ株式会社と提携し、留学サポートセンターのノウハウを結集させたプログラムを利用した「高校留学」「大学留学準備」をスターとさせることになりました。
 留学は膨大かつ最新のノウハウを提供することが必要とされますが、アルク・グローバルパートナーズ留学サポートセンターと連携することにより、そういった多様なニーズに対応することが可能となります。
 また、代々木高校『アルクGP留学コース』では、現地高校と日本の通信制高校「代々木高校」二つの高校卒業資格を取得することが可能なので万が一、現地高校の卒業が困難になっても安心だということです。
 通信制高校の「代々木高校」はこの数ヶ月の間に新しいコースを次々と新設し、「通信制高校」という概念の視野と選択肢を広げており、ますます目が離せない高校となっています。

◆関連記事はこちら↓
代々木高校が留学コースを開設!
http://www.news2u.net/NRR200614793.html

日時:2006年12月15日 11:53:17

通信制高校生によるいじめ体験記

いじめを苦にした自殺が後を絶たず、社会問題となっています。本日は、いじめを受けた女性による体験記をご紹介したいと思います。不登校、リストカット、一時は摂食障害にまで陥りましたが、通信制高校に通い、ある教師との出会いから、自分の道へと進む姿が綴られています。彼女の「誰かと比べた幸せより、自分で見つけた幸せを大切にしてください 誰かと比べた不幸より、自分にふりかかる不幸を乗り越えてください」という言葉がとても印象的でした。

日時:2006年12月11日 16:54:59

鹿大に臨床心理学の大学院設置

 いじめや児童虐待、自殺などが社会問題となる中、鹿児島大学により専門的で実践的な臨床心理学の大学院が日本で初めて設置されることになったそうです。来年4月に設置されるのは、臨床心理学研究科という大学院で、不登校やいじめ、発達障害といった様々な相談が寄せられる相談室や、病院、児童相談所、児童養護施設、学校など2年間で最低1380時間に及ぶ実習を行い、実践的な力を育成することを目的としています。
 現在臨床心理士の需要は非常に高く、知識だけでなく実務的な即戦力も必要とされているため、この試みは注目されるでしょう。

日時:2006年12月05日 12:08:22

京の元暴走族リーダートライアスロンでメダル狙う

 1日にドーハ(カタール)で開会式のあるアジア大会のトライアスロンに出場するのは、高校時代暴走族のリーダーだった過去を持つ、山本良介さん(トヨタ車体)です。高校3年の春、友人関係を断って出直すため大阪の通信制高校へ移り、得意だった水泳からトライアスロンへ転じて、トップクラスの選手になりました。「家族や多くの人の支えがあって今がある」と感謝しながら、メダル獲得を狙っているそうです。
 山本選手のように、通信制高校へ環境を変えたことにより道が拓けた人もたくさんいます。現在不登校であったり、中退してしまった人にも通信制高校があることを知ってもらいたいと感じます。

日時:2006年12月04日 11:56:02

特徴
エリア
検索対象

通信制高校・サポート校を探す

学校名で検索

アーカイブ