通信制高校ナビTOP > 通信制高校を知る > 通信制高校のしくみ > 転入・編入の大きな違い

通信制高校・サポート校を探す

掲載学校数:595

学校名で検索

転入・編入の大きな違い

転入・編入の大きな違い

「今いる高校が合わない…」
「いじめなどが原因で今の学校にはもう行きたくない」
「高校を中退したけれど、やっぱり高校卒業資格は欲しい」

そんな方のために、通信制高校は全日制よりも入学のハードルは低めになっており、転入や編入も可能です。

通信制高校っていつでも転入や編入が可能なの?

一般的に転入・編入共にいつでも可能です。ただカリキュラムの都合上、受け入れ時期が決まっている場合もあれば、随時募集している学校もあるため、その学校の仕組みについては資料を取り寄せたり、学校に問い合わせたりする必要があります。

転入・編入の違いってなに?

転入とは

転入は、現在まだ他の高校に在籍している生徒が、別の学校に入学することをいいます。いわゆる転校のイメージと大きな差異はありません。

前の学校で取得している単位や出席日数によっては、2年次、3年次から転入することが可能な場合もあるので、同級生と同じタイミングで高校を卒業することも可能です

編入とは

編入は、すでに他の高校を中途退学した生徒が、別の学校に入学することをいいます。前の在籍高校で取得した単位は、卒業に必要な単位数として編入後の高校でも引き継ぐことが可能です。
また、編入の際には試験として、簡単な面接や筆記試験、作文などがある場合がありますが、選抜テストというよりは、生徒の現状を学校側が知るために行う場合が多いようです。