通信制高校ナビTOP > 通信制高校を知る > 通信制高校のしくみ > 通信制高校が採用する「単位制」

通信制高校・サポート校を探す

掲載学校数:590

学校名で検索

単位制高校って? 通信制高校の多くが採用する「単位制」とは

単位制高校ってなに? ―学年に関わらず単位を取得する高校です

通信制高校と全日制高校の大きな違いのひとつには、単位制と学年制というシステムの違いが挙げられます

高校を卒業するには、必要な単位を取得しなければなりませんが、その取得方法が単位制と学年制では異なっています。

単位制とは

通信制高校の多くで導入されているのが単位制です。
一つひとつの科目についての学習成果を評価するもので、教科書やテキスト、最近ではeラーニングなどの副教材を使って学習し、定期的にレポートを提出。そして単位認定試験を受け、単位を取得します。

選択した教科・科目が修得できなかった場合も、その科目を次年度に履修すればよいため、学年や進級には影響がありません。

学年制とは

一般的に全日制・定時制では学年制が導入されています。
これは、1年ごとに与えられた教科・科目を学習し、すべての単位を修得すると次の学年に進級できるシステムです。
そのため、単位を1つでも落とすと留年(原級留置)になり、その学年の学習をもう一度すべてやり直すことになります

このシステムにより、「留年して、大学入学が遅れるのが嫌だ」「体調を考慮しながら自分のペースで勉強を進めたい」というような理由から、通信制高校に転入する人もいます。