通信制高校ナビTOP > 通信制高校を知る > 通信制高校への不安 > 高校留学に通信制高校がいい理由

通信制高校・サポート校を探す

掲載学校数:592

学校名で検索

高校留学には通信制高校という選択肢もアリ! その理由とは

高校留学には通信制高校という選択肢もアリ! その理由とは

小学生から英語を学び、海外で働く人も多くなってきた昨今。高校から留学して、英語や他の言語を話せるようになりたいと思う人も多いのではないでしょうか。

しかし、留学する人も多くなったとは言え、まだまだ大学や社会人になってからの留学の方が主流です。高校で留学するメリットやデメリット、通信制高校での留学などについて考えてみましょう。

高校での留学にはこんなところに注意!

語学が身につき、海外の文化にも触れられる。海外のオープンな雰囲気に慣れ、意見がはっきり言えるようになるなど、留学にはメリットが多いように思われますし、実際にこのような利点があることは間違いないでしょう。

しかし、高校生の海外留学には、気をつけなければいけないポイントがあります。

1,元のクラスに戻れないかもしれない

日本の学校では4月~3月という学期制度ですが、海外の学校は9月~8月、12月~11月、など日本とは異なる場合が多くなっています。
もし、半年~1年間といった長期間で留学を行う場合は、その留学期間の単位が日本側で認定されず、1つ下の学年でやり直す可能性が出てきます

学校によっては、単位が認定される場合もあるので、留学を考えている人は高校受験の前に確認しておきたい部分ですね。

2,元の学年に戻れても受験勉強が大変

単位が認定され元の学年に戻れたとしても、半年~1年間などの間、日本の学校を離れていた場合、テストや授業についていくことも大変になるでしょう。

英語などの語学力は上がっているとしても、他の教科は他のクラスメイトよりも遅れを取ってしまいます。それでも、授業は決められたカリキュラム通りに進んでいく上、タイミングによっては受験勉強も並行して行わなければなりません

3,留学などの費用が高い

どのタイミングで留学に行っても費用はかかるものです。
しかし、自分でも留学費を工面したいと思っても、高校生の場合、学校によってアルバイトができない、できても労働時間が短くあまり稼げないという事実があります
大人になってからであれば、ワーキングホリデーのようにアルバイトをしながら語学学校に通うこともできますが、高校生では難しいでしょう。

更に、留学から戻ってきたあと勉強に追いつけない場合、AO入試などの方法でなければ、教科数の多い国立大や難関大学への進学が難しく、少ない教科で受験可能な私立大学へ進学する可能性も考えられます。
こうなると、高校での留学費に加えて私立大学の学費もかかってきます

通信制高校ならば、デメリットを少し解消できる

通信制高校ならば、デメリットを少し解消できる

先に紹介した高校留学のデメリットですが、通信制高校なら解決できるものも少なくありません。

  • 通信制高校は単位制なので、クラスや学年といった概念がないため、元のクラスに戻れない、といった悩みがない
  • 海外にある提携校でスクーリングなども受けることができるため、単位の取得やレポート作成も滞ることがない
  • 登校回数の少ないコースを選べば、私立でも学費を抑えられる
  • 授業回数が少ないので、空いた時間をアルバイトや受験勉強に充てられる

まとめ

高校生で留学は早いかな? と思われる方もいるかもしれません。しかし、語学以上に、日本で固まっていた価値観を見直すという体験は、進路選択の前にきっと役に立つでしょう。

ただし、全日制や定時制の高校ではなく、通信制高校を選択することによるデメリットもあるので、留学の前にはよく検討してくださいね。