通信制高校ナビTOP > 通信制高校を知る > 通信制高校のしくみ > 通信・全日・定時の違い比較表

通信制高校・サポート校を探す

掲載学校数:639

学校名で検索

通信制高校・全日制高校・定時制高校の違いとは【比較表アリ】

全日制高校を選ぶかどうか迷った時、ほかの選択肢として通信制高校と定時制高校が浮かんでくる方が多いのではないでしょうか。

なんとなく両者に対するイメージはあるものの、具体的な制度や卒業までの道のりなど、具体的に知っているという人は少ないかもしれません
ここでは、通信制高校・全日制高校・定時制高校の仕組みの違いを比較しています。それぞれの違いや特徴を確認し、学校選択の判断にお役立てください。

高校課程の仕組み・特徴を比較してみよう!

しくみ比較表

入学制度の違いとしては、通信制高校は、作文や面接といった学力による判断ではないのが一般的である一方で、全日制と定時制では、学力試験が必須となってきます。

また、学期途中の入学(転入・編入)であっても、通信制高校は随時可能な場合が多いですが、学力試験があることから、全日制・定時制は決められた時期以外は難しくなってきます。
就学支援金が利用できる点は、どの課程も同じく可能となっています。

学習制度では、通信制高校と全日制・定時制では大きく違ってきます。
通信制高校が「単位制」なのに対して全日制・定時制の多くは「学年制」。学習方法も、通信制高校では自学自習が基本となりますが、学校やコース・カリキュラム次第では、個別指導を受けたり、専門分野についても学ぶことが可能です。

学校生活での違いは、通信制高校は1日、3日、毎日など多様な中から登校頻度を選ぶことができますが、全日制・定時制は週5日の登校が必須となる点が大きく違います。

その他にもこんな違い・特徴がある

3つの学校にはそのほかにもさまざまな特色があります。

学校の雰囲気について

学校によって違いはありますが、通信制高校は全日制や定時制より少人数でアットホームなところが多くなっています。また社会人になってから、一度高校を中退しているという人も多く、学生の年齢層が広めとなっているのも特徴です。

学べる内容について

通信制高校では国語や数学と行った通常の授業に加えて、ビューティーや芸能・アートなどのレッスンが受けられるところも多く、さまざまなことに興味をも持つきっかけとなるでしょう。

また、定時制高校では職業体験を行っているところは少ないですが、全日制や通信制では実施している学校が多いようです。

通信制高校とサポート校について

通信制高校に入学する場合、卒業までの単位取得をコントロールや、勉強の相談が出来るようにと、サポート校を利用する人が増加傾向に。

サポート校とは、3年間での通信制高校卒業が出来るように勉強面や精神面をサポートしてくれる機関のことで、費用はかかりますが細やかな対応があり、自分一人で勉強が続けられるか不安、という人に選ばれています。

通信制高校、定時制高校、全日制高校の違いは整理出来たでしょうか。それぞれの学校の特性をしっかり理解した上で、自分が続けられそうな進路を考えてみましょう。

参考)文部科学省 令和3年度学校基本調査