通信制高校ナビTOP > 通信制高校を知る > お役立ち情報 > 通信制高校用語集 > 通信制高校

通信制高校・サポート校を探す

掲載学校数:590

学校名で検索

通信制高校に関連する学校形態

通信制高校

通信による教育を行う課程のことで、学校教育法により、修業年限は4年以上と定められています。
通信制は、全日制、定時制と並ぶ教育課程で、個々に合ったペースで学習し卒業資格を取得することができるため、勤労者や不登校者、中退者、学業不振者に適したスタイルとして注目されています。

通信制サポート校

通信制サポート校とは、通信制高校に在籍する生徒に対して、3年間で卒業ができるよう単位取得・進級などに必要とされる支援を行う民間の教育施設のことです。

技能連携校

技能連携制度とは、高等専修学校に入学すると同時に、広域通信制高等学校にも入学することで、3年間で2つの学校を卒業するというものです。
「サポート校」「提携校」など高校との私的な関係とは異なり、都・県教育委員会の指定により、私立通信制高校と公的な関係を結びます。

高等専修学校

高等専修学校(専門学校高等課程)とは、「専修学校設置基準」に基づき、認可を受けている学校のことをさします。
高等学校との主な相違点は、高等学校の目的が「高等普通教育及び専門教育を施すこと」に対し、高等専修学校は「職業若しくは実際生活に必要な能力を育成し、又は教養の向上を図ること」となっています。

教育特区

構造改革特区』は、特定区域において政府が定める規制を緩和し、地域の特性に応じた規制の特例措置を設け、新たな産業を創出するなど経済と地域活性化の効果をあげることを目的としています。
教育特区もその一つで、株式会社立の学校など従来とは違ったスタイルの学校が開校されています。



:w