通信制高校ナビTOP > サポート校を知る > サポート校ってなに? > サポート校とは

学校名で検索

掲載情報

掲載学校数 : 556校

高卒認定・大検のことなら

高卒認定・大検ガイド

学校・教育に関する相談サイト

      匿名で相談できます(無料)

ハレタラ

通信制サポート校とは?

通信制サポート校とは、通信制高校に通う生徒が3年間で卒業ができるよう、単位取得・進級などの支援を行う民間の教育施設のことです。

通信制高校を卒業するには、レポート(課題の添削)、スクーリング(面接指導)、テスト(試験)を通じて単位を取得する必要があります。
しかし通信制高校では、勉強を独学で行わなければならないため、途中で挫折してしまうケースや卒業までに5年以上かかってしまうようなケースが目立つのが現実です。
サポート校は、そういった生徒を学習面、生活面、精神面でサポートすることを目的としています。

なお、サポート校内でもコースが分かれている場合があります。
通信制高校と同時入学することによって高校卒業資格を取得するコースや、高卒認定の受験を目指すコース、専攻のみの習得コースなどさまざまな形態があります。

注意!サポート校だけでは「高校卒業資格」は得られない

サポート校は、勉強やそれ以外の相談にも乗ってくれる、いわば塾のような存在で、”高校”とは異なります。
学校教育法で定められた法的な「学校」としての認可を受けていないので、サポート校だけでは高卒の資格(学歴)取得はできないのです。
つまり、高卒の資格を取得するためには、必ず通信制高校への同時入学が必要となります。

サポート校は誰が運営しているの?

サポート校の運営はおもに学習塾や予備校・専門学校などの教育関連の学校で、それぞれの特色を活かしたノウハウで運営されています。
そのため、進学塾の運営するサポート校では難関大学への特別コースや、教師が自宅へ教えに行くコース、専門学校であれば美容や健康に関する専門的な内容を学ぶコースがあったりと、サポート校ごとにその内容はバラエティ豊かです。

サポート校の費用

サポート校は基本的に、通信制高校とは別に学費が発生します。
また、登校ペースも選べることが多いため、その頻度によっても費用が変わってきますが、平均すると以下程度の学費が必要となります。

  • 通学ペース:週1回の場合  初年度:約300,000円(入学金込み)
  • 通学ペース:週3回の場合  初年度:約550,000円(入学金込み)
  • 通学ペース:週5回の場合  初年度:約800,000円(入学金込み)

ただし、専門的な授業や体験が多いサポート校の場合は、更に学費がかかる場合があります。 上記はあくまでも目安とお考え下さい。

サポート校を利用するメリット

現在では、全国で約200校以上と言われているサポート校。
利用するメリットとしては、一体どんなものがあるのでしょうか。

メリット①生徒一人ひとりへの細やかな対応がある

サポート校では、少人数制・担任制などを採用しているところが多く、学習のフォローが行き届いています
個人の勉強の進度に合わせて、細かく指導してもらう事ができるので、3年間での通信制高校卒業が目指しやすくなります。

メリット②不登校やいじめ経験者への手厚いサポート

不登校などを経験してきた生徒が通いやすい環境を整えているところが多く、週1日の登校からスタートし徐々に登校のペースをアップしていくことが出来たり、教師が自宅へ行き授業を行うスタイルから徐々に登校するペースを増やす、ということも可能です。

またいじめ防止策として、休み時間も教師がクラスに居たり、クラス分けなどにも配慮しているサポート校も多数あります。 カウンセラーが常駐している学校も多いため、子供だけでなく親も相談に乗ってもらうことが出来ます。

メリット③自由な学校生活が送れる

最低限のルールを守ることは必要だが、一般的な全日制高校よりも校則や服装などは自由度が大きい学校が多くみられます。 制服がある学校もあるが、着たくなければ着なくてもOKで、髪の色なども厳しく言われることがないことがほとんどですので、アルバイトやその他の活動に支障がない程度に、身なりも自由に楽しむことが出来ます。

ただし、看護や料理などの専門的な勉強を行う場合は、整える必要があります。

メリット④個人の興味や関心に合わせた勉強が可能

個人の才能や興味により、芸能やスポーツ・アートなど、普通の高等学校だけでは習得できない知識や技術を学ぶことも出来ます
午前中は通信制高校の授業、午後からは選択授業といったカリキュラムや曜日毎に専門分野の授業を取り入れるなど学校によってさまざまなカリキュラムがあるので、興味を持ったことにはすぐにチャレンジできる体制が整っています。

やりたいことがわからない、資格取得って大変そう…という生徒でも、体験を通して将来の目標を考えるきっかけを得ることができるでしょう。