通信制高校ナビTOP > 通信制高校を知る > 学校を選ぶ前に > 通信制高校とサポート校の違いとは

学校名で検索

掲載情報

掲載学校数 : 556校

高卒認定・大検のことなら

高卒認定・大検ガイド

学校・教育に関する相談サイト

      匿名で相談できます(無料)

ハレタラ

通信制高校とサポート校の違いとは?

通信制高校とサポート校の違いとは?

通信制高校と通信制サポート校は名前が似ているので、混乱してしまう人も多いでしょう。
さらに、通信制高校が母体のサポート校もあり、サポート校なのか通信制高校なのか曖昧な表現をしている学校サイトもあって、更に迷ってしまいますよね。
しかし、サポート校と通信制高校は法律的にも全く違う定義をされていますので、ここで通信制高校と通信制サポート校の違いについて明確にしておきましょう。

違い① 学校であるか、そうでないかが違う

通信制高校の場合

通信制高校は学校教育法という法律により「高等学校」と定められています。
そのため、レポート、スクーリング、テストなど一定の条件を満たせば高校卒業資格を取得することができます

通信制サポート校の場合

通信制サポート校は学校教育法で「高等学校」と定められているわけではありません。
そのため通信制サポート校に単独で勉強したとしても、高校卒業資格を取得することはできません

通信制サポート校の定義は、通信制高校に通う生徒に対して、3年間で卒業ができるよう単位取得・進級などに必要とされる勉強や精神面での支援を行うことであり、「塾」や「予備校」に近いといえるでしょう。
大半のサポート校は通信制高校と提携しており、サポート校入学の際に通信制高校に同時入学する必要があります。

違い② 学校の運営母体が違う

通信制高校の場合

通信制高校はいわゆる高校であるため、公立と私立があります。
以前は通信制高校も全日制や定時制と併置されているケースがほとんどでしたが、近年は通信制の需要が高まり、独立した通信制高校も多く開校されています。

通信制サポート校の場合

サポート校の母体は、予備校や学習塾・専門学校など教育関連の学校法人が多いようです。
そのため進学や資格取得を希望している人には、様々な体験やコースが選べるなど、特色ある学習スタイルがあることも魅力のひとつです

違い③ 必要な学費が違う

通信制高校の場合

通信制高校は公立と私立に分かれており、公立通信制高校においては学費が1単位200円~となっているため、経済的負担は軽くてすみます。
但し私立通信制高校の通学タイプでは1単位5000円~となっており、負担も増えてしまいます。

通信制サポート校の場合

通信制サポート校は、サポート校としての授業料と併せて通信制高校の学費も必要となるため、経済的負担はさらに増加します。
※授業料に通信制高校の学費が含まれている学校もあります

しかし、自学自習が基本の通信制高校では、全くの独学により3年間で卒業できるのは20%~30%とも言われており、途中で挫折してしまう人が多いのも事実です。
何年も通信制高校に通って、貴重な時間を無駄にしたり、挫折することで自信を失ってしまうのであれば、通信制高校への入学後からでもサポート校を利用し、必要な支援を受けながら高校卒業資格取得を目指すことも、ひとつの手なのではないでしょうか。