通信制高校ナビTOP > 通信制高校を知る > 学校を選ぶ前に > 通信制高校の学費(授業料)

学校名で検索

掲載情報

掲載学校数 : 556校

高卒認定・大検のことなら

高卒認定・大検ガイド

学校・教育に関する相談サイト

      匿名で相談できます(無料)

ハレタラ

通信制高校の学費(授業料)や制度

通信制高校の学費(授業料)や制度

通信制高校への進学・転入を考えるにあたって、学費は最も重視するポイントの1つではないでしょうか。
ここでは、どの学校にどの程度の費用がかかるのか、どんな制度をつかうと費用が抑えられるのか、といったことを紹介していきますので、学校を選ぶ際の参考として下さい。

通信制高校にかかる学費や費用

通信制高校にも、公立と私立の学校が存在します。
公立の通信制高校は比較的学費が安く設定されており、以下のような金額から通える学校も存在しています。

  • 入学金 … 500円
  • 授業料 … 年間1~3万円程度
    (単位当たり … 300円~)
  • その他費用 … 年間3万円程度

一方、私立の通信制高校の学費は、公立に比べ割高となっています。

  • 入学金 … 2万円~5万円
  • 授業料 … 年間18万円~
    (単位当たり … 6000円~)
  • その他費用 … 年間3万円程度

しかし、私立は公立に比べてレポート提出がWEBサイトやメールで出来たり、学習の進め方やサポート体制が充実しているため、疑問点や不安をそのままにすることなく学習を進めていくことが可能です。
また、テストやスクーリングの日程についても、私立の方が融通もききやすいといった特徴があるようです。
このような要素から、完全に自力で学習しなければならない公立通信制高校に比べると、私立通信制高校の方が卒業率は高くなっているのが現状です。

その他にかかる学費

自分の力だけでは通信制高校の卒業が難しい、という人はサポート校などを利用して卒業を目指すことになります。

通信制高校サポート校でかかる学費は登校日数やコース、設備などによって大きく異なります。
平均的な初年度納入金は50~100万円程度(入学金5~20万円・授業料・施設費・行事費など35~80万円)となっており、これは私立の全日制高校と同等の金額です。

また、サポート校だけでは高校卒業は出来ないため、通信制高校にも同時に入学することになります。つまり、通信制高校とサポート校両方の費用が必要となりますので、通信制高校のみに在籍している生徒よりも学費の負担は大きくなります。
しかし、サポート校では、通信制高校のレポートや認定試験対策、スクーリング指導などのサポートを行っているため、自学自習に不安のある方には心強い味方といえるでしょう。

また、カウンセラーを配置したり、資格取得の勉強や職業体験の授業があるなど、生徒の幅広い希望に応えられる仕組みが用意されているのもサポート校の特徴です。 いじめや不登校の経験から登校が不安といった方、色々なことにチャレンジしてみたいといった希望がある方などにも、サポート校は役に立つのではないでしょうか。

通信制高校には就学支援金が使える

高等学校等就学支援金とは、高校に通う生徒が学校を通して国に申請を出すことでもらえる支援金のことです。公立の通信制高校では授業料が全て無料、私立の通信制高校では年間約12万円が授業料から減額されます。

就学支援金の支給額(単位制私立高校の場合)

1単位の年間支給額 …………………… 4,812円
25単位履修した場合の支給額 ……… 120,300円
卒業に必要な74単位分の支給額 …… 356,088円
※所得に応じて1.5~2倍を上限として支給額は加算されます
(参考:高等学校等就学支援金(新制度)Q&A
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/mushouka/1342600.htm

就学支援金を利用しても、私立の通信制高校は、自費で賄わなければならない部分もありますが、卒業率や勉強のしやすさから私立を選ぶ人も多いようです。

奨学金や特待生などを利用する

就学支援金を利用しても費用が足りない、という人は学校が用意する特待生の枠や、奨学金を利用することも選択肢のひとつです。
奨学金は、日本学生支援機構や学校が参加している基金などに審査を依頼し、利用することができます。ただし、こちらは返済義務があり、利子もかかります。

特待生は、学校が指定する大学への進学意欲と学力が伴っている場合や、芸術やスポーツといった分野で活躍している生徒が利用できるものです。
もし、勉強やその他の活動を頑張りたいが、全日制には行けないという理由がある人ならば、この特待生の制度を利用するとよいでしょう。

まとめ

登校日数が少ない通信制高校といっても、ある程度の学費がかかってくるのが現実です。
あなたが、自学自習や受験勉強などを自分でできるだけの学力や精神力があるならば、費用の負担がない公立高校を選択しても全く問題ないでしょう。

しかし、
『不登校をしていたので決まった日に登校できるか不安』
『学力に自身がないけれど大学に行きたい』
『バイトや資格取得など色々なことをしてみたい』
といった希望や不安がある場合は、私立の通信制高校に行ったほうが、結果的には早く卒業もでき、充実した高校生活を送れるかもしれません。

学費はもちろん重要ですが、それだけにとらわれず、この学校で自分はどんな生活を送れるのか、きちんと卒業ができそうかといった根本的な部分までしっかりと下調べをして、学校を選択することが大切です。