通信制高校ナビTOP > 通信制高校を知る > 通信制高校のしくみ > 通信・全日・定時のしくみ比較表

学校名で検索

掲載情報

掲載学校数 : 556校

高卒認定・大検のことなら

高卒認定・大検ガイド

学校・教育に関する相談サイト

      匿名で相談できます(無料)

ハレタラ

通信制高校・全日制高校・定時制高校のしくみ比較表

全日制高校を選ぶかどうか迷った時、他の選択肢として浮かんでくるのが通信制高校と定時制高校が多いのではないでしょうか。

なんとなく両者に対するイメージはあるものの、具体的な制度や卒業までの道のりなど、具体的に知っているという人は少ないかもしれません。
ここでは、通信制高校・全日制高校・定時制高校の仕組みを比較していますので、それぞれの違いを確認し、学校選択の判断にお役立てください。

比較表

   
通信制高校 全日制高校 定時制高校
入学試験 書類選考、作文や面接が一般的 公立は5科目、私立は3科目の受験が必要な学校が多い 国語・英語・数学・面接の4つ
新入学時期 4月・10月が多く通年入学可能な学校もある 4月が多い 4月が多い
転入・編入時期 随時受け付けている学校多数 学期末・年度末など決まった時期に行われるのが一般的 学期末・年度末など決まった時期に行われるのが一般的
登校日数 ・週1~5日程度
・年5日程度の合宿形式
・月2回の動画授業
などから自由に登校スタイルを選べます。
週5日 週5日
通学時間帯 受ける授業数によるので、決まっていない。1コマは45~50分程度。(午後からや土日のみも可能) 朝から、1日5~8時間 夕方からが多い、1日4時間程度
年数 3年以上 3年以上 3年以上
学習制度 単位制 学年制 学年制
個別授業 行っている学校が多い 基本的に集団授業 基本的に集団授業
学習方法 参考書や動画授業を参考にレポートを自分で作成 教師による授業 教師による授業
専門分野の体験コース・レッスン 多くの学校で多彩なコース・レッスンを開講 なし なし
給食 基本的になし 基本的になし あるところが多い
初年度費用
(公立)
年5万円程度~ 年25万円程度~ 年7万円程度~
初年度費用
(私立)
年25万円程度~ 年70万円程度~ 年50万円程度~
就学支援金 受け取れる 受け取れる 受け取れる
学歴 高校卒業 高校卒業 高校卒業
大学進学率 16.7% 54.4% 13.8%
専修学校進学率 23.8% 23.0% 18.7%
就職率 14.3% 16.4% 30.4%

3つの学校にはそのほかにもさまざまな特色があります。

学校の雰囲気について

学校によって違いはありますが、通信制高校は全日制や定時制より少人数でアットホームなところが多くなっています。また社会人になってから、一度高校を中退しているという人も多く、学生の年齢層が広めとなっているのも特徴です。

学べる内容について

全日制・定時制高校では国語や数学などの授業を受けることになります。これに加えて、通信制高校ではビューティーや芸能、アートなどのレッスンが受けられるところも多く、様々なことに興味をも持つきっかけとなるでしょう。

また、定時制高校では職業体験を行っているところは少ないですが、全日制や通信制では実施している学校が多いようです。

通信制高校とサポート校について

通信制高校に入学する場合、卒業までの単位取得をコントロールしたり、勉強の相談が出来るようにと、サポート校を利用する人が増加傾向に。
サポート校とは、3年間での通信制高校卒業が出来るように勉強面や精神面をサポートしてくれる機関のことで、費用はかかりますが細やかな対応があり、自分一人で勉強が続けられるか不安、という人に選ばれています。

通信制高校、定時制高校、全日制高校の違いは整理出来たでしょうか。それぞれの学校の特性をしっかり理解した上で、自分が続けられそうな進路を考えてみましょう。